3 キャラクター

+++ INO HEAD PARK マスコットキャラクター +++

・RUBYちゃん(♀)

一部のクルーからは「INO猫」と呼ばれているINOのバンドマスコットキャラ。
ネットラジオでキャラクター案から名前を公募。
最終的に卒園前のJO:YAの失言(※)により出てきた名前が人気投票で1位に選ばれる。
SUSSYは「JO:YAの置き土産」だとコメントした。
登場以降は、INOの物販etcに多数登場中。
2003年8月31日生まれ/生息地・井の頭公園/O型
O型の猫は実在しないらしく、そのため猫と言われるのがイヤだという設定がある。笑
ジャン=ポール・エヴァンのショコラが好き。
その他プロフィールはオフィシャルサイトのバイオグラフィにて。
最近は着ぐるみキャラと化しており、すっかり猫の原型を留めていないことがある。

※キャラクターの瞳の色のブルーを見て「宝石のルビーみたい」と発言。
 JO:YAの言いたかったブルーの宝石は正しくは「サファイア」である。

+

+++ 公演中に出てきたスペシャルメンバー(キャラクター) +++

・マイクマン改めジェッターマイク  

かっては自称・INO HEAD PARKの妖精さん。 
公演中にどこからともなく登場していたが後に欠かせないフロントメンバーになりました。
昔はメンバーにも「1匹」扱いを受けるも今は一個人。
両親の離婚で「JETTER」という名前になったらしい。(というのはデマカセと思われる。笑)
MC/KAZUKIさんとは深い知りあいらしい。振り付けが得意で「マイク先生」とも呼ばれる。
「マイクマンのテーマ」という持ち歌がある。ポーズは「M・I・C!」 即興で歌うのも得意。
「ブラックマイクマン」という裏の顔がある。

+

・イチゴマン/1号・2号

公園の妖精マイクマンの地位をおびやかす謎多き笑顔がカワイイ存在。
悪をこらしめる正義のヒーローでもある。
再び登場するのはいつの日か? 1粒、2粒と数えるらしい。(笑

+

・ブラックマイクマン

ヒゲ面のただただ恐い形相のマイクマン。悪いです。

+

・毒マン/1号・2号

毒を吐きます。 腐ってます。

+

・サクランボーイ

Mask on Maskツアーの最終日の1夜限りで登場したドクロ眼帯を付けたサクランボ君☆
彼がヘッドバンキングすると頭の茎が顔にペシペシ。
真っ赤で小ぶりな姿はとってもキュートな存在でした☆

+

・チンパンジーのダッチ君

JETTER MICの友達チンパンジーの「チータ」君が行方不明になった直後に
新しくお友達になってくれたオサルさん。その小っちゃさに会場が沸いた。
周囲の先輩メンバーからイジワルな質問攻めに合い、たちまち挙動不審に。
とりあえず返事は元気よく「ウィッキーーー☆」

+

・占い師?の山田さん

LOVE LOVEツアーのマイクの恋の旅中に職種を変えて登場した謎の占い師。
甲高い声色で毎回あてにならない恋占いをしてくれる。

+

・イタズラ・キューピット

LOVE LOVEツアーファイナルワンマンに登場した恋のエンジェル。
決めの呪文は「ティンクルティンクル☆恋の・・・マジック☆」
キモイと大評判。笑 足の裏はまっくろい。

+

・MIC LADY

LOVE LOVEツアーファイナルワンマンに登場したその名のとーりの人。
管理人はあまり深く語りたくないので、他所に問い合わせをしましょう。

+

・DJ/ST

懐かしのオレンジツナギに、黒のツバ広のサンバイザースタイルで、踊って踊って踊りまくる2人組。
そのはしゃぎっぷりで、会場を水浸しにしていった。

+

・Marfume(マフューム)

突如デビュー(?)した謎の3人組カマユニット。MICMANであるような、ないような・・・。
詳しくはこちらの動画を見た方が説明いらずである。
→YouTube http://www.youtube.com/watch?v=lDsTFHgRbFE
(※上記動画は唯一 INO HEAD PARKから公式にUPされているものです。)
普段の姿は左からJET、JETTER MIC、S@TT-ONと言う人たち・・・。

+

・カッパマン

果たして彼の登場はあるのだろうか・・・?

+

→ 1 アトラクション

→ 2 ステージ

→ 4 欧米化イベント

→ 5(C)クラシック時代

→ 6 その他

→ 用語辞典(TOP)