2006年9月3日/新潟LOTS

イベントタイトル:「PRIDE OF RISKY-2006「RADICAL REAL ROCK」」

(参加メンバー)
Vo/DUTCH

G/TAKUYA

G/SUSSY

MC/JETTER MIC
Dr/SHI-MO.3:サポート

B/FLAKE3:サポート

<セットリスト>

OP
君に逢いにゆこう
グルグルTONIGHT
ラビリンス
ロンリースター
さくら
ED

+++

INO新潟〜。
金沢と両日だったそうだけど、ジャングルツアーのその流れと大体は同じでした。
「お宝発見」だけ無くなってるみたいな。

ステージ開始前の転換中。
サウンドチェックが大体ほぼ終わり
(いつになくマイクチェックに頑張ってた気がするのは何故・・・。)

さぁいよいよかな? と思った頃、幕裏からワヤワヤした声が聞こえました。
なんか気合いも足並びも悪い感じのやる気のないかけ声に聞こえました。
なんだ今のは?(汗)
今日はもうやる気ないからダルダルモードで行こうかな〜〜〜とかそんな感じなんですか?? 
と、冗談言いつつ、ええ?そんなバカな! と思い始めた辺りで、
あらためて威勢の良い揃った声が聞こえてきました。
おっしゃ!^^
やっぱりこーでないとね!

ジャングルツアー時同様に、密林BGM(?)が流れ始めて、
フレイクさんの素敵ボイスなプロローグが流れて、いざ出発だ〜〜〜!!!
・・・幕が開くのワン、ツー、スリーテンポくらい遅れましたね。笑
たぶん(^^;)やったハズな「S.I.C」の後、仮面を外すフロントメンバー
(フレイクさん&シモさん以外)。

始まってしばらく自分カメラが完全に固定されてしまってたので、
下手の動きがまったく記憶ありません。
じゃぁ、上手は覚えてるかって、こっちも怪しい。
私はなにを見てたんだろう。

時間も短いため、主にしゃべってたのはスッシーのみでした。
新潟2回目!って話で、前回も見てくれた人ー!って手を挙げさせると、
フロアばらばら加減に手が挙る。
初めてな人ーーー! って言ってから、さっき手を挙げなかった人、全員って事だもんね?! と完結。
俺たちにも「キャーキャー」言ってください!
とか言うとフロアのみんなちゃんと「キャーキャー」って微妙な反応。笑

5分の1でも良いから、キャーキャーを分けてくれ、とキャーキャー言われたい話で引っ張るスッシー。笑
フロア、再び「キャーキャー」

スッシーから1人違うのがいるでしょって、ジェッターマイクを紹介で、マイク様が前に出てきた。
何言ってたんだか、これが見事なまでに記憶がない。爆
スッシーは途中、「おっと!シーンとさせちゃったぞっ?!(慌)」
と、寒いMCを披露していました。
(寒いので私の記憶にやっぱり残るワケがなく。(笑))
がんばって〜〜〜。

そんなスッシーを横目に、ふと上手のパーク長に目を移すと、
パーク長はスッシーのMCを聞きつつ、1人で静かに顔を拭いてました。
ライブ中にそんな堂々と顔を拭くって、そんなに暑いの? って私が思ったのは
わずか数秒のこと。

顔を押さえる手にあるのは、「青いハンカチ」!!!
(実際は水色のタオルハンカチぽい感じだったけど。)
とぼけた顔をして、お上品にハンカチを顔にあててます。

ハンカチ王子でたーーーーーーーーーー!!!爆笑

思わず声にして「王子ーーー!」と言ってしまいました。笑

前後になんの脈絡もないのに、とーとつに仕込み始めてるパーク長が笑える。
メンバーがそれに反応し始めたとこで、パーク長、自分のアンプの上にあるカゴを手にしました。
カゴにはメンバー分のハンカチが用意してあって、途端にステージ上には
ハンカチ王子が増殖!(笑

マイク様は自分の頭を拭ってるし、フレイクさんは仮面の顔を拭ってるし、そこ汗出てないでしょ。^^;

スッシーは自分だったら、脇の下とかも拭いちゃうよ!と言って、
1人、オッサンの汗拭きポーズをしていて、ふいにそのハンカチをパーク長に投げようとしたら、
パーク長はかなり本気なそぶりでイヤがっていた。(笑

そんな事をしてるうちに、たぶん下手袖にいたエモタンから巻きの指示。
あわてて演奏へ。
ロンリースターでは☆が無いけど、あの星を見るんだ!と
(金沢ではパーク長が☆を持ってた?)、フロア天井のライトを指しての流れ。
久々に棒状のサイリュームがフロアへ投下ありました。
なにせ私は一番前だから貰うのはまぁムリだと思ったんだけど、ダッチ君は私たちが居た頭上にも落としてくれました。
まぁ私はそれでもゲットならずだったんだけど、落としてくれたのが嬉しいじゃん☆

ワンマンの写真にもあるんだけど、ダッチ君とパーク長が接近して顔を見合わせてる場面。
ワンマンの時のをすでに覚えてなかったんだけども、
これってラビリンスの曲中のパフォーマンスだったんですねーーー。
(とか言いつつ、記憶が混乱してるから間違ってたらゴメン。)
なんか上手く言えないんだけど、なんかイイ! と思いました。^^

あと何の曲だか忘れたけど、マイク様とパーク長がフロント中央に来て演奏してるのがあって、
なんかその時に、パーク長がマイク様のお腹辺りに曲のテンポに合わせて、ちょっかい出してました。
それは一体なんなのだ・・・と気になりました。(笑
スッシーが上手に来れば、なんかまたしてもマイク様と顔くっつけているし。^^;

というか、演奏時のスシさんを上手に来た時しか記憶がないです。(笑
ワンマンでも思ったけど、ラビリンスでのフレイクさんのベースを体の前に縦にして弾くパフォーマンスがやっぱり気になりました。
不思議だ〜。

ボルボさんのドラミング姿は実はいつもなかなか目に止める事が出来ないんですけど、
今回は前で近かったのもあって、良い距離で目が届いたです。これは良かった!

パーク長のギター回しは今回はキレイに成功してましたねー。
自分の技を半ば封じられてる衣装っていうのは、あらためてどうなんだろ??試練?笑

実は前すぎだし、上手寄りだわで、聞こえてくるのがやたらめったら、パーク長のギターに偏りまくっていたのでした。^^;
音につられてついつい目がそのギターに行ってしまうのね。

あとは、マイク様をがっつり見てたって記憶と。
(ああ、これはいつものことです。)

Voもちょっと判りづらかったりと難もありつつだったのがちょい残念。
というワケで思いだせる事がろくに無いのですが、そんな感じで。
だいぶ偏った見方のライブになりましたが、でも終わったら汗だくだったのでした。
うん。良かったね。^^

※全バンドさんのステージ終了後にTAKUYA&SUSSYが物販に登場。

(2006年9月の日記より抜粋)

コメント投稿は締め切りました。